file.1556;『辟易する箱』


20170809


        ソラを跋扈し (マタタ)
        街の()とは異質な負債

        窓を叩く音
        降雨(アメ)を理解する瞬間

        僕は僕の中に敬虔を見る
        天与のサヨナラが芽吹く今
        残るキズに何を賭ける?
        ソレを僕らは魂と思ってもイィの…?


        いろはにほへとちりぬる..?
        恣意的否定を保温して

        余弦の編成
        この希求を受け入れたら

        僕が「ボク」を僕の為に生きても
        其処から派生するモヤモヤが
        夢を見て息をすること
        ソレを僕らは楽しいと思ってもイィの…?


        低迷する泥の底 自分を救うのは
        存在という定義に辟易する知性だろう

        僕は僕を僕と捉えながらも
        今日という日さえ越えられずに
        生きる価値を値踏みしたり
        ソレを僕らは魂と仮定してみようか――



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.