file.1541;『ランドマーク』


20170321


        命を俯瞰で見ていれば
        一つ大きな建物(ビル)があって

        限界まで近付いてみたら
        目印は消えてしまった

        歓迎されてはいなかった
        その扉に 僕は未練と畏怖を
        ミリ単位でしか気付けていなかったんだ


        穴の()いた痕は塞がり
        小さな赤い点が残る

        限定的な命に見えて
        眼下に広がる歯車

        足の方が軽いんだから
        頭が下になるのは当然で
        だから この星の重力には意味がアル


        ランドマークに成れるのなら
        僕はココに 立ち続けても良いや
        ただ 貰ったものを返したいだけなんだ…



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.