file.1540;『スキゾフレニア』


20170205


        神は死んだのか
        搾取の途中で 零れ落ちた歯車のように

        生まれながらに人は
        身の丈に合った理想の陰で
        見上げる程の無力さと 折り合いながら

        我思う 故に()る世界が その主観を疑えば
        神は 無作為を体現した骸器(ウツワ)
        君思え 其処に世界を望むなら


        君は夢見るか
        孤独の認 識(テオリア) その道程(ミ チ)に不達の 実 践 (プラクシス)

        ナイものもアルならば
        目に触れぬ場所で眠る無人称(イ リ ヤ)
        私の格 率(カクリツ)は ただ口を閉ざすだけ

        我願う 故に()る世界で 生まれしスキゾフレニア
        人格(イ ミ)を 持たざる自己(ワタシ)で構成され…
        君願え 其処に世界を創るなら


        彼らが求めたのは 窓なき単子(モナド)
        見えざる手を振り払った時
        触れると同時に 触れられているワタシは――

        我思う 故に()る世界が その主観を疑えば
        神は 無作為を体現した骸器(ウツワ)
        君思え 其処に世界を望むなら..



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.