file.1539;『奥津城(オクツキ)の青』


20170131


        天を昇る影 薄藍に眠る盾
        過不足は凄惨 理想のカテゴリ

        受け入れた在るが儘は
        その小さな芽を摘むのだ…と

        あの日 旋律を閉ざした手で
        鍵を失くした 虚像の中枢(ウチガワ)
        差し込んだヒカリ 螺旋を照らしていた


        (ウツ)した背中 水面(ミナモ)の月まで背負い
        神は 搾取のエサとしての抜け殻

        問イ掛ケヨ と人は云う
        止マル(ナカ)レ と急き立てられ

        例えば 絶望に見初められ
        名も無き僕らが 無音になっても
        花が シアワセの意味を引き継ぐように


        真秀(マ ホ)ら夢見し者らは ()けど
        八百万(ヤオヨロズ) ()れて 刻みし奥津城(オクツキ)
        雷鳴は 黄泉に堕ちた嘆きと聞いた…



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.