file.1532;『オートフォーカス』


20161213


        (ウレ)えても きっと
        座り込む場所など 空けては貰えない

        唱えた距離に 手を伸ばした
        取柄もない人々の背中は

        カンタンじゃない
        向かい合った爪の先
        不安の行く先を
        世話したとしても
        月まで届きはしない
        あんなに美しいのに…


        最後まで ずっと
        見詰める勇気など 持ち合わせていない

        それらは常に この身の内
        巣食う檻を (トザ)して(ワラ)うだけ

        タスケテなんて
        嘘にしてしまいたいと
        首を掴んででも
        止めようとするの
        崩れることもそうして
        トメテくれれば良いのに…


        それらは常に この身の内
        掬う(オリ)を (トザ)して(ワラ)う――

        カンタンじゃない
        向かい合った爪の先
        不安の行く先を
        世話したとしても
        月まで届きはしない
        あんなに美しいのに…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.