file.1531;『視界に映る広がりの中で』


20161212


        私が無くなるコトなど 意にも介さず
        それらの声が償えと 降り積もり

        拘束された息を止め
        投げ打つは 帰巣の望郷

        何かと人は「正しい」モノを求めるケレド
        雨の遠心力 空の左足 神の死相
        望ミノ行方ハ 君ノ手ニアリマスカ…?


        瓦礫を積み重ねてゆく 上塗りの街
        舗装された大気に濡れ それ故に

        噛み合わない 歯の(コボ)れた
        部品の一つだとするなら

        彼らの手足として 私に何が出来ますか
        右から左へと流れてしまえば 絶え間のない
        蜃気楼の花 エゴとエルゴの炎


        何かと人は「正しい」モノを求めるケレド
        雨の遠心力 空の左足 神の死相
        望ミノ行方ハ 君ノ手ニアリマスカ…?



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.