file.1530;『光が少し遠い時』


20161122


        支えきれない 願いを載せて
        何処までも繋がった糸

        反対側の扉を 開けていたなら
        それは きっと別の命になって

        私の後ろには 抜け落ちた羽根が散らばり
        拾い集める勇気を 探しに行く途中
        少し遠い光に向かって


        諦めること 覚えたのだと
        濡れたヒトミを拭っても

        現状(イ マ)を痛烈に知らしめる世界から
        逃げることは出来ないと思い知る

        定めの後ろから 意図せず摂理が零れた
        深海のアマリリスも ヒカリに消える詩歌(ウ タ)
        肯定されたいだけの亡骸(ムクロ)


        私の後ろには 抜け落ちた羽根が散らばり
        拾い集める勇気を 探しに行く途中
        私は 少し遠い光に向かって…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.