file.1529;『挿話』


20161122


        私たちは特に そう
        見たいものだけを見ることは出来なくて

        強いられたこの道に
        この一幕(ヒトマク)に 足止めされたまま

        回想は 削った命の(キラメ)
        こんな端役にも 試練は訪れ
        結局 「永遠」に手は届いたのかな…?
        今に始まったことじゃないけれど


        あなたに成りたい、と いま
        この目を通して見る雨粒の一つ

        思惑の数でさえ
        超えられない 私たちの()(ヨウ)

        禁断の 開かずの扉を作れば
        その部屋の中は 「浸水」の定め
        呼吸もままならぬ位置付けに寄り添う
        まだ 此処で嘆くだけでも構わない


        天命は 人々の上に(キタ)るか
        自らに(ヨシ)を求める(ナカ)れ、と
        誰もが 一人一つの荷を背負って
        ソレを下ろし また何処かで拾って…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.