file.1527;『アイソスタシー』


20161117


        諫めた自分が 影を踏み
        あなたは 私の闇を見出す

        滞りなく過ぎていった波が
        誰も彼も 遠くへ流していった

        時間(ト キ)の起源を探せば
        旅に出られるのだろうか…
        隣に座る人が 私を
        知らない そんな場所へと


        角 灯(ランタン)が揺れた 窓の外
        草踏み 虫の鳴く声が消えた

        月は何処を見ても 泣いているよう
        起きていても 目を覚ましたわけじゃない

        茜色の魚には
        水の色が見えないから
        湖面に映る星を 嗚呼ただ
        見上げて 呼吸をするの


        時間(ト キ)の起源を探せば
        旅に出られるのだろうか…
        隣に座る人が 私を
        知らない そんな場所へと



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.