file.1526;『真鍮の軸』


20161117


        叩き割った真鍮の軸 爪のぶつかる音
        指先が触れる前の共振を

        明日(ア ス)羽音(ハオト)が 耳元を通り過ぎ
        闇の茎棘(ト ゲ) 深く 血の滲み

        絶望という場所に 身を置きながら
        それは二度目の 見知った旅嚢(リョノウ)
        いつか(ヒラ)ける視界 その日まで…


        折れることだけを 待ち望んでいれば
        目の前の光は断絶の意図

        その言の葉に 毒が混ぜられていた
        憐れみを 向ける 矛先は

        私は繰り返した カワイソウジャナイ
        意識は脆く 悪しきは黒く
        暗礁に乗り上げた 船の(ヨウ)


        絶望という場所に 身を置きながら
        それは二度目の 見知った旅嚢(リョノウ)
        いつか(ヒラ)ける視界 その日まで…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.