第5幕;『人ではない生命の…そのカタチ』


index story 02;入力: ←


   第壱章;「生命に酷似した家」
      声の主は、生命を そのまま象ったような姿だった。

   第弐章;「不安に打ち震える」
      【家】の心は、「この世に孤独(ヒトリ)」である不安に蝕まれていた。

   第参章;「フクロウが一晩に2万回 鳴く理由(ワケ)
      嘆き続ける【家】の為に、フクロウは今晩も話し掛ける。

   第肆章;「淡色平原の病と、拡大する不孝者の狂気」
      漂う不穏な狂気によって、淡色平原が端から腐り始めていた…。

   第伍章;「イスァティリス・キィ 〜3つのうち、最初のセーテア〜」
      狂気の糸を手繰り進むと、私と同じ顔の【残像】と目が合った。

   第陸章;「自ら不孝者の道を選び取った、幽冥のゼロ世代」
      生まれながらに稀薄だった彼女は、神より先に逝くことを決めた…。

   第漆章;「孤独(ヒトリ)を選択した者の末路 〜3つのうち、2つ目のセーテア〜」
      彼女の名は一陣の風に記されていて、【孤独】に紛れていた。

   第捌章;「署名(サイン)の受け取り手は、【3つのうち、最後のセーテア】」
      私は、二人から受け取った【セーテア】に「諦め」を見た。

   第玖章;「消えぬ火花が、胸に尽きず…」
      【私】は確かに今、此処に「ヒトリ」かもしれない……それでも私は。

   第拾章;「目指すべき【始まりの場所(ス タ ー ト ・ ラ イ ン)】、集落 west」
      為すべきコトが、今やっと全貌(カタチ)を見せようとしていた。



Copyright (C) 2008-2009 8186*60 all rights Reserved.